« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

2006.03.08

駅頭の営業マン口調

 茅場町から銀座に向かう地下鉄駅のホームで、何の変哲もない営業マン口調で挨拶を交わしている男二人。それがどうした、というような光景だが何か変だ。そう、風体が変なのだ。二着○○万円の定番ビジネススーツではなく、なんとも勝手でヘンチクリンなオタクファッションにぼさぼさのヘアスタイル。一方は金具ビラビラの鞄を持ち、他方はリュックスタイルだ。
 その双方が妙に切り口上の決まり文句を交わして、丁重な挨拶ののち別れていった。ははーん、ITのヤツラだな。今どきのカネってのは確実に彼らを介して流れているんだ。経済構造の実質は彼らが握ってしまっているんだ。虚業がどうのと、旧守派は既得権益の死守に懸命だが、経済の現場は地滑り的にワープしつつある。
 あの挨拶を介して、どれだけの金が動いているのだろうね。何千万? いや億の単位かな? あのさりげなさから見て、「明日はゴルフコースで……」みたいな余計な手続きなしに実質的なビジネスが展開しているんだろうね、きっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »